2019年11月11日

2018/3/29マッサージに偽装した置屋で

今回の磯仁様レポートはホーチミン。以前UPした記事と同エリアの、SPAに見せかけた置屋(床屋)での体験記です。

◎まさかの展開

お昼前の11時半、Tに向かうと、ドアが半分開いた状態になっていました。そのまま入るとカウンターに男性一人とソファに女性一人。


すぐにその女性(ママ?)が「マッサージ?」と聞いてきたので頷くと、奥から出てきたのは真っ赤なミニのボディコンの衣装の若い娘。

ママはすかさず「彼女はどう?」と聞いてきたので「他には?」と聞くと、何と今はこの娘一人だけだそう。


ママはさかんに「綺麗でしょ」と薦めます。確かに若くてスタイル良く、お顔もなかなかの美形なのですが、やっぱりここではずらりと並んで貰ってから選びたいな、と思い、謹んで遠慮します。


ママは英語が堪能でした。聞けばここは娘が揃うのは夕方5時以降だそう。

「それでは一旦出直します」と席を立ちかけると、ママが「ちょっと待って」と言いながらお店を出て「付いて来て!」と言って先に歩き始めます。


不思議に思いながら後ろを付いて行くと、何とGに向かって歩いているじゃないですか!「えっ、Gへ行くの?」と聞くと「そうだ」と。


何と彼女、ここTとGのオーナーさんなのだそう。

(管理人注:Gは1月の記事の舞台となったSPAです。)

◎結果は大満足

Gで選んだのは、最初にぴょんと出てきた21才の娘。白い肌に映える長い黒髪、笑顔にクリッとした目が可愛い娘でした。


プレイも大満足。彼女も最初はやはり生フ☆ラを渋っていましたが、再度強くお願いすると観念したのか、カッポリと咥えてくれます。


さらに股間に顔を埋めての玉舐め、玉吸いから、次は当方の指示で竿の根元から先へと舐め上げてからカッポリと咥えてくれ、何度も愛しむようにやってくれて大満足。


この娘は翌々日、もう一回指名しました。

girl-764254_640

◎視線が痛かったものの

ママに言われたとおり、翌々日の夕方5時ちょっと前にTに再入店。

店先では丁度娘が1名、バイクで出勤してきたところでした。よって2人並んでの入店です。


直ぐに並んでくれたのは5名。先程の娘が奥の控室から顔だけ出して、笑顔で愛想を振り撒いて来ます。他に普段着のままでこれからお化粧、ドレスアップという娘も1名いました。


並んだ5名のうち一人は英語が堪能でした。

中に一人、モデルのようなすらりとした体形で、お顔も抜群に良かった娘が居たのですが、結局Gへ行き、前回の娘を選んだ次第です。


この日のGは総勢9名で、やはり壮観でした。

ただ、初日に選んだ娘の視線だけが痛かったです。一方、連続で選んだ若い彼女のほうはもう、階段を上がる途中から抱き付いて来てくれましたよ。

 

◎管理人から

磯仁様、ありがとうございました。

以前に指名していた嬢の視線が痛いのは、アジア夜遊びの「あるある」ですよね。

特にフィリピンでは、時には尾根遺産同士の派手なバトル(刃物沙汰とかも)になってしまうこともあります。

欧米の風俗嬢なら、もっとドライに割り切っていそうですが。



asianightwalker at 22:18|PermalinkComments(0)

2019年10月19日

2018/1/16SPAの尾根遺産と再会再戦したら

今回の磯仁様レポートはホーチミン

以前のマッサージ偽装置屋レポートで指名した尾根遺産との再戦の模様です(空港方面ではない、別のエリアです)。

 

◎無事に再会

日曜日の午後二時過ぎに入店。

ドアを開けてくれた娘に「マッサージ?」と聞かれ頷くと、奥から娘がぱらぱらと出て来て総勢8名でショーアップ。


もちろん選んだのは昨年10月に遊んだ娘。在籍しておりました。

前回のパーテーションで仕切られた部屋とは違い、ちゃんと室内にシャワーが付いておりました。

Hochiminh-sexy-barber3


奥にはトイレと洗面台、その奥にシャワー。お湯の熱さも湯量も充分です。施術台は枕の下は穴が開いているタイプ。横幅は広いです。部屋だけは相変わらず無駄に広いです。


彼女が一旦部屋を出ている間に1人でシャワー。戻って来たところで早速マッサージ開始。およそ15分揉んだところで仰向けに。


そこで彼女から「ブンブン?」と聞かれ、もちろんと頷くと、彼女はスキンを取りに一旦部屋を出ます。

 

◎プレイ内容の変化

戻って下着を脱いで、ブラも外してボディコンをお腹のところへたくし上げます。

乳首舐めから腋、袋舐めから竿を根元から先へと、ベロンベロンと舌を使って舐め上げる技はさすが、です。


さぁ、お次はカッポリと先を咥えて・・・と思ったら何と彼女「コン☆ーム!」だって。

「えーっ!」と拒否するも喉を指差して顔を顰めます。どうやら喉が痛いとでも言っているようで、素早く被せるとそのままカッポリと咥えます。うーん、残念。


充分になったところで彼女に上になって貰うと、顔を寄せて舌先で耳穴にドリル、さらには思い切り吸い込みます。


攻守交代して彼女の小柄な体をかかえながら、形の良い弾力のある乳房を揉みまくります。この肌のすべすべさはやはり特筆ものです。

最後はガンガン突いて一気にフィニッシュ。まあ満足でした。

 

◎気遣いしてはくれたけれど

再度一人でシャワーを浴びて着替えていると、彼女が「タクシー?」と聞いてきます。外はいつの間にか土砂降りでした。


彼女は自分のスマホから電話してタクシーを呼んでくれ、ここでお礼を支払って一緒に一階へ。

彼女は外で、タクシーが来るのをずっと見張ってくれています。


サービスは生で咥えてくれた前回からすると残念ながら今一つ。写真も前回は撮らせてくれたのに今回は断固拒否でしたし。


でもお客の帰りの足を気遣って自らタクシーを呼んでくれる、心配りをしてくれるところは彼女の持っている優しさなのでしょうね。



asianightwalker at 22:46|PermalinkComments(0)

2019年10月12日

2018/1/10読者様お二方から【ホーチミン夜遊び】の感想が

年の瀬になってから立て続けに、お二人のブログ読者様からホーチミン風俗の「感想」をお寄せ頂きました。

 

◎有名なアポカリの近況

Hochiminh-apo-club3


お一人目はM様から。援☆を希望する尾根遺産が出没するアポカリプス・ナウです。


アポカリプス・ナウの女はいかにも玄人さんで、あまり好みではありませんでした。


オトコの夜遊びガイド「ホーチミン編」内の体験談の、黒髪色白の女(と思われる女)、いましたよ。ロング200USD要求されました。


平日でも入口付近に、ナンパ待ちの女の子、セミプロ、プロが多いです。ひと晩だけロングでゲットしました。


エステティシャン、25歳、ペイではなくヘルプマネーと言ってました。売☆婦じゃない、と言いたかったのだと思います。


運よくATMがなぜかその時使えなくて、言い値はロング150ドルでしたが、所持金が足りなくて100ドルでOKでした。


ベトナム娘の色白、巨乳いいですね。

 

◎管理人から補足

M様、結果としてロング100USDでしたら、ホーチミンのBAR&ディスコ系での相場よりはお得な夜遊びになったものかと。


お二人目はD様。元:空港方面の置屋(床屋)に行かれたそう。

◎リピートしてみたものの

 

モヤモヤする結果でした。19歳という若さも、サービスは最低。出したらいいんでしょ、的な。ここは1勝3敗店舗ですね。


でも珍しく順番待ちができてました。邦人ではないグループ客でした。

 

◎管理人の感想

サービスの悪い娘がいる店なのに、順番待ち。これは歓迎できない兆候ですよね。トラベルやクラシックの例が思い浮かびます。


実るほどこうべを垂れる稲穂かな、こんな価値観を彼女らは持ち合わせていません。



asianightwalker at 21:33|PermalinkComments(0)